税理士に聞くのが最も良い方法

このコラムをシェアする

遺産の専門家を利用する

相続税は、金額が一定に決められているわけではありません。
受け継いだ遺産の金額によって変わるので、自分で計算しなければいけません。
しかし、難しい計算なのでできない人が多いと思います。
間違えたら大変なので、専門家に計算してもらってください。
相続税の専門家が、税理士になります。
税理士は計算になれているので、すぐ答えを教えてくれると思います。

きちんと正しい金額を収めないと、脱税だと思われてしまいます。
それは犯罪なので、トラブルを起こさないように注意してください。
多めに支払ってもトラブルが起こることはありませんが、自分が損をしてしまいます。
計算が苦手な人は、大人しく税理士に任せてください。
早めに相談しましょう。

支払う期限が決まっている

期限が決まっているので、その時までに支払わなければいけません。
家族や親戚が亡くなると、お葬式の準備をします。
意外とやることが多いので、相続税のことまで考えられないかもしれません。
様々な作業をしているうちに、相続税を支払う期限が来てしまいます。
全て自分で済ませる自信がなかったら、税理士の力を頼ってください。

税理士に依頼すると、費用が発生します。
費用がもったいないと思って、自分で相続税を計算しようとする人がいるのではないでしょうか。
しかし間違えたら意味がありませんし、何度も計算し直すのでストレスが溜まります。
精神的な負担を削減するためなので、出費は安いものだと考えてください。
良い税理士を見つけてしょう。